利用者に関して

ピンク色のアパート

タクシーの利用について

タクシーを利用する人は数多くいます。たとえば、営業職の人です。顧客のところに社用車で行く人の場合は別ですが、移動手段が電車の場合はお客さんが駅から遠いところにあれば当然タクシーを利用します。あるいは、免許や車を所持していない人がタクシーを使います。こちらのケースだと主婦や高齢者の方に多いです。相場としてはワンメーター600円というところが多いです。さて、それではそうしたタクシーを運転する人はどういう人でしょうか。年齢別に見てみると、40歳以上の人が約半数を占めます。もう少し詳しく言うと、41歳以上で45歳以下の人の割合が約20%を占めます。そして、50代の人は25%を占めます。このように、中高年の人が非常に多い職種です。逆に言えば、中高年でもしっかりと働ける仕事ということです。したがって、求人が出ていれば、積極的にその求人に応募してみるのもひとつの手です。大抵の求人には、必要な資格は免許という求人が多いのです。

その価格傾向について

タクシーの価格傾向はどうなっているのでしょうか。年々、低価格の傾向にあります。ワンメーター600円というのが一般的な相場ですが、安いところでは500円というタクシー会社もあります。価格としては上記のとおりですが、タクシー会社はいろいろなサービスを行うことで、低価格でも売上を伸ばすことを考えています。その例がハイヤードライバーです。これは、営業所で依頼を受けて車を出すというものです。こうした場合は、料金が通常以上にかかるので、車に乗る人は営業マンか会社の役員ということが多いです。そのため、仕事をする上で言葉遣いや身だしなみといったマナーが非常に重要です。こうしたことがおろそかの場合は、次には切り替えられる可能性があります。