施工管理とは

面接中の風景

施工管理とはどんな仕事か

施工管理とは、建設現場などで工事の工程をスムーズに進めるために指示を出す仕事の事を言います。現場監督として業務する場合と、サポート役として業務する場合があります。管理の種類は大きく4つあります。まずは予算の算出を行う原価管理です。次にスケジュール通りに工事を行うために工員の調整や工事のやり方を調整する工程管理です。次に品質管理があります。そして最後に危険となる物を排除し工事を円滑に進める安全管理の仕事です。施工管理の仕事を探す手段として、転職派遣サービスがあります。その中でも施工管理を専門に支援する派遣会社もあります。こちらに登録すると、就職するまであらゆる面でサポートしてくれます。なかには就職が決まった後、お祝金がでる派遣会社もあります。

転職支援派遣会社への登録後の流れ

施工管理転職派遣サービスを利用するためには転職派遣会社に登録する必要があります。登録料やその他一切の費用はかかりません。登録が済んだら、カウンセリングをします。派遣会社では専任のキャリアカウンセリングが付きます。そしてどのような条件の仕事を探したいのか、希望年収はいくらかなどを詳しく聞かれます。それから希望に合った求人を紹介されます。紹介された求人に必ず応募する必要はありません。自分が働いてみたいと思った案件に対してのみ応募すればいいのです。応募に当たっては履歴書の書き方や面接の仕方などのアドバイスも貰えます。さらに企業側と登録者との間で、それぞれの希望条件の調整もしてくれます。さらに現在勤めている会社を円満に退社する方法なども指導してくれます。